風の耳朶 2
ろっぷとテトとりもとさっくんと、毎日わいわい

キクラゲ公園

余震、続いてますね。
しかも大きい。

阪神淡路大震災から、ずっと地震が続いてるような気がする。
日本列島と言うカラダが、この時にズレた部分を直すかのように
あっちを揺らし・・・・
こっちを震わし・・・・
早く収まって欲しいです。






さて。






ろっちゃんてちぼんりもたんが
毎日利用する、うちのすぐそばの小さな公園。
なんと、キクラゲが生えてきました。

斜めになって延びているのと毛虫の大発生もあり
一昨年、伐採されてしまったエノキ(榎)。
天然エノキダケが出てこないかなぁと、内心ワクワクしてたら
今年になってキクラゲが!
やった~!!
     キクラゲ



採り損ねているうちにどんどん成長して
晴天続きではカラカラの干物になってしまい
それを繰り返してるうちに
     キクラゲ



いつ収穫しようかと思って採り損ねてたものは
気持ち悪いくらい大きくなったのもあります。笑
     キクラゲ

でもね、キクラゲって不思議。
普通の天然キノコのように朽ちることはなくて
湿気で苔むしていくだけのような。


食べごろのよさそうなものを採り
半分実験台として、我が家が食することにしました。
だってみんな、そうだと思うけど~って感じで手を出さないんだもん。



二日後。
ろてり散歩でみんなにアピール。

跳んでみたり~




        キクラゲ
   


     



踊ってみたり~




キクラゲ
        




な~の~に~~~~
キクラゲ



警戒心取れず。(笑)
残念なり。

その後、二回収穫して、茹でて冷凍保存中。
まぁ、美味いか?というたら・・・なんともね。(笑)
純粋に、ただただ食感を楽しむだけのキノコかな、と。
だけどその食感は、栽培ものとは全く違います。









ヨイコトもワルイコトも、自然には偉大なものがあります。
「畏敬の念」をもって付き合っていかねば。

にほんブログ村




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する