風の耳朶 2
ろっぷとテトとりもとさっくんと、毎日わいわい

お仕事中

三寒四温。
一昨日から「寒」の方。
この倣いだと、明日は暖かくなるはず。
りもトレの日だから寒いのイヤイヤ。





さて。






この前、ろてりを河川敷で放牧してあげた時のこと。

ろっちゃんはいつも帰りの時はお仕事をしながら帰ります。
使い古した手袋 か
ダンベルのぬいぐるみ か
木の棒 のどれか。

ははのカバンには、いつも木の棒 (15~20センチ) を入れてるのに
以前、それを使って置いてきたことをすっかり忘れて
補充してなかった・・・。
手袋も嵌めてなかった・・・・。

当然、この日も
「おしごとします」とアピール。


う・・・・・・うぅぅぅ 困ったな。


しょうがないので、こういう時によく使う手。
リードを軽く結んで 「はい、どうぞ」
ろっちゃんに使うリードを渡します。


トコトコトコ・・・・

お仕事中

代用品の中でも、リードが一番納得してくれるます。(笑)


おしごとちゅう ですよ。
お仕事中

さんざん走り回った てとりも よりも
歩くのが遅いという・・・(笑)


あ、くるまにつきました。
お仕事中


あけてください。
お仕事中


「お仕事ご苦労様」 (リードを放す)して
お水飲んで
車にあげてもらい(飛び乗れないの)
満足しておうちに帰りました。






ろっちゃんが悲しむといけないので
忘れず木の棒を補充しよう!
ははカバンのポケット、ちょっと木くずにまみれます。

にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する